「お、恐ろしいっ………」


リロザが、グラスを持った片手を震わせて、情けなく声を上げた。


男達を縄で縛ったあと、すぐに馬車を走らせ、今は宿。

目的の小店へは、明日の昼頃着くらしい。

今は、部屋の一室で食事中である。

カチャカチャと、食器の音が響く。


「何を今更」

ミラゼが呆れたようにリロザを見た。

リロザは、昼の戦いを見て、ひどく怖気づいたらしい。

「なっさけないわねぇ、仮にも有名貴族の次男が」

なみなみとグラスに注がれたワインを、ミラゼが気持ちよく飲み干していく。

実に飲みっぷりがいい。

「それは、お前達は慣れているだろうが…私は初めてなのだぞ。目の前で、剣を振りあっているところなど…」

ああ、恐ろしい、とリロザが青ざめた顔で言う。

「普通あんたより、ジェイドちゃんのほうが怖かったでしょうよ。ね、ジェイドちゃん」

ミラゼがフォークに、溶けかけたチーズののったハンバーグの一切れを刺して、こちらを見た。

「え?………あ、ああ」

ふたりの会話をぼうっと見ていたからか、反応が追いつかない。

「大丈夫?仕方ないわよね。あんな目に遭って…しっかり守れなくてごめんなさい」

この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。