全て、誰かに売られて奴隷となった子供だ。

子供達を見ながら、青年は落胆した。

…ここは、子供しかいないのか。


念のため、顔を見ようと近づく。

しかし、子供達はびくびくと肩を震わせた。

その顔は、青年への恐怖の色で染まっている。

「あぁ……ごめん」

奴隷屋の子供達は、みな必ずと言っていいほど自分にこの顔を向けてくる。

…そんなに、大人が怖いのか。

この幼い子供達にどれ程の過去があるのかは知らないが、あんまりあからさまな怯えを向けられると、こちらが悲しくなってくる。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。