そう疑ってしまうような、空間と、少女。

そこで、薔薇の水やりをしている、正装姿の年老いた男が見えた。


「ノワード」

セルシアが呼ぶと、男は目を見開いて叫んだ。

「お嬢様!」

ノワードの大声に、セルシアが「しっ!静かにしなさい」と咎める。

口調からして、このノワードという男は、執事のようだ。

セルシアが彼のもとへ行くと、彼は複雑そうな顔をする。

「どこにいらっしゃったのですか…!邸中が騒ぎになったのですよ!二度としないでくださいとあれほど…」

「お説教はあとにして!あの方の腕の治療をしてちょうだい」


セルシアが、どうしていいかわからず立ち止まっていた私達を指差した。

「旅のお方ですか?」

「そうみたい。先程危ない目に遭っていたところを、助けて下さったのよ」

「危ない目!?」

目をつり上げたノワードを、セルシアが「あとで話すわ」とたしなめる。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14