ー…ねぇ、母様。


わたし…ご挨拶、ちゃんとできてる?


ー…ええ、とっても可愛らしいわ。


…本当?

もちろん。マリアはきっと将来、美しい女性になれるわね。


やったあ!

わたし、母様のような、立派なひとになりたいな。


…私のように?


うん。お優しくて、とても綺麗な…


…ありがとう。


見ていてね、母様。ずっと、わたしの近くにいてね。

わたし、きっと母様の誇りになるようなひとに、なるから。


そのときには…もっと綺麗に、ご挨拶ができるようになるね。


ー…ええ。ずっとマリアを、見ているわ。







「突然、申し訳ありません。ご無礼を承知で、ロディー様にお伝えしたいことがあって、参りました」


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。