下着を繰り返し使うことなど、正直もう躊躇はなくなった。

慣れれば大したことはない。


しかし一体ルトは、着替えにどんなものを用意してきたのだろう。

もしも、装飾の派手なものだったら…………

あの男の性格なら、あり得る。


恐る恐る着替えを見てみると、それは意外なものだった。











この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。