「……ル、ルト」


おずおずといった様子で、私は浴場の扉を開けた。

壁に寄りかかって目を閉じたルトが、私を待っているのが見える。

呼ぶと、彼はその深緑の瞳を静かに開けて、こちらを向いた。


「………おー、いいじゃん。その色で正解だったな」


私の姿をまじまじと見つめたあと、彼は顔を明るくしてそう言うのだけれど。

…正直、恥ずかしい。

自分の身体を包む布地を、私はなんとも言えない気持ちで眺めた。

用意された、この服。

もともと着ていた服と同じ麻で、フードがついている。

長袖のワンピースのようになっていて、形は前のそれとほとんど変わらない。

ほぼ無地で、装飾といえば裾の近くに花の刺繍がついているだけ。

もちろん買ってもらったものに文句をつける気はないけれど。

私にはどうしても、その色が慣れなかった。

…白。

真っ白である。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。