「多分、今日の昼頃着くよ」



ルトの口から初めて目的地のことを言われたのは、翌日の朝だった。


「……………」

今日の、昼…

突然のことに、頭がついていかない。

「……………わかった…」

そして驚くほど、ルトがいつも通りで。

朝食はテントの外で、昨日関所で買ったものを食べた。

そのときもやはり、ルトは普通で。

今日は少し暑いだとか、この干しぶどうはおいしいだとか。

全部、耳に残っているけれど、返事はろくに返せなかった気がする。


「行くか」

テントをたたむと、ルトは通りに出て歩き始めた。


「…………」

いつもはここで、手を掴まれるのに。


違ったのは、手を繋がないことだった。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。