手を引かれて、暗闇を歩いていく。


進む足取りは迷いがなくて、そういえば前に夜目が利くとかなんとか聞いたか、なんて納得した。


後ろで男は暗闇を彷徨っているのか、もう声も何も聞こえてこない。


何故灯りがないのか、この状況はなんなのか。

頭がついて行かずに、別のことを考える余裕すら出てきた。


手を引く温もりが、信じられない。


何故、何故。

頭を駆け巡るのはそんなことで、目の前にいるはずの背中が、偽物なのではと思えてくる。


しかし、私の疑いだとかは、すぐになくなってしまった。

背中が突然立ち止まり、顔がぶつかる。


「ごめん」という優しい声が聞こえたと思えば、突然眩しい光が見えた。




この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。