「ルっ……ルト!」


私の声に、ルトは足を止めた。

手を離し、こちらへ向き直る。

やっと見えた彼の目は、気まずそうにそらされていた。


「………ごめん…………」


店からだいぶ離れた、薄暗い場所。

頭上の街灯が、私達を照らしている。

「なんで、謝るの」

彼の声は、先程とは全く違う、普通の声色だった。

ルトは、助けてくれたのだ。

謝る必要など全くない。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。