「……来るの、遅くなったし。そもそも、俺が席を立たなければ……」

「ルト!」

私の出した大きな声に、ルトは目を見開いた。


「ルトは何も悪くない。謝る必要なんかないのに、謝らないで」


彼は少しだけ厳しくなった橙の目を見て、そして。

柔らかく、ふは、と笑った。


「ん、わかった」


…あぁ、ルトだ。

見えた明るい笑顔に、安心する。


「えっと……助けてくれて、ありがとう」

お礼はしっかりしなくては、と、ぺこっと頭を下げると、ルトは優しく笑った。


「いいよ。無事でなにより」


そう言って、私の手を掴む。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。