「………エル、ガ……?」

「ごめん、ルトなんだけど。寝ぼけてんのー?」

はは、と少年のような、少し高い声が笑った。

…え。

深、緑…………?

その声でぱちっと、一気に目が開いた。

はっきりと見えたその姿に、思わず混乱する。

「……え……あ…え…?」

「はは。おはよ」

そんな私に、目の前の深緑の目が優しく細められた。

この笑い顔は、昨日何度も見たもので。


…そうだった。

私は昨日、この青年に買われたのだ。

ゆっくりと、起き上がる。

ルトはもう、身支度を終えていた。

「……起きるの、早いね…」

碧色の髪を手ぐしで梳きながら、まだしっかりと開かない橙の瞳で、ルトを見た。



この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。