「よかった。お家まで一緒に行ってあげる」


「………!うん!ありがとう!」

スジュナの顔が、ぱあっと明るくなった。

目一杯の笑顔。

金髪に映えて、まるで太陽のようだ。

心が和んで、私も自然と笑みがこぼれる。


…しかし、私ひとりの判断で、旅を中断するわけにはいかない。

「ね、ルト…………」

隣のルトを見ると、呆けた顔でこちらを見ていた。

「…ルト?」

「…え、あ、あぁ!うん、この子家まで送るんだよな、いいよ。行こうか」


…なにか、様子がおかしい。

誤魔化すように、ルトはさっと立ち上がった。

続いて私も立ち上がり、スジュナの手を引く。

広場の人々がちらちらと様子を伺ってくるのを感じながら、私達は公園を出た。


この作品のキーワード
ファンタジー  異世界  初恋  貴族  身分差  ペルダイン  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。