「わー、スゲー!!」


「太一、恥ずかしいよ……」


「だって、新幹線だぜぇ!?」



日曜日、あたし達は音羽留衣さんを訪ねる事になった。



「ねぇ、清良……って……」



いつもはクールな清良まで、新幹線の写メを何枚も撮っていた。


大きな駅に来るのが……というか、
遠出自体珍しいあたし達は、少し浮かれている。


……ただ一人を除いては。



「良いから早く乗れ、へっぽこ一同」


「なっ……誰がへっぽこだ!」


「そうか、言い直そう。

……“精神レベル小学生ご一行”様」


「何だとー!」



怒る太一に目もくれず、
憎まれ口を叩いた岡崎瑛は、指定席の車両に乗り込んだ。


今日も最高にカンジが悪い。


ただでさえ目立つ容姿の彼は、どこにいてもすぐわかる。


あたし達は彼に続いて、新幹線に乗り込んだ。


この作品のキーワード
切ない  胸キュン  ファンタジー    予言  美少女  忍者  陰陽師  イケメン   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。