そんなこんなで話は終わり、
あたしは留衣さんに案内されるまま、
お母さんの遺影が眠る仏間へと案内された。


音羽家以外の人間は立ち入り禁止のため、他の3人はさっきの居間で待っている。



「大丈夫かな……喧嘩してないかなぁ」


「はは、あれは喧嘩っていうのかな?

大人から見ると、じゃれあってるようにしか見えないよ」



今年26歳になるという留衣さんは、余裕の笑顔を見せた。


素敵な人だな……。


優しくて、物腰柔らかで、
優雅で気品があって、落ち着いてて……。


お兄さんだって知らなかったら、好きになっちゃうかも。



「ここだよ」


「……うわあ……」



案内された仏間は、居間よりよっぽど広かった。


仏間なんて言っていいの?これ。


中学の修学旅行で見たお寺の中みたいですけど。


高い天井から、様々な布や飾りが垂れ下がっている。


この作品のキーワード
切ない  胸キュン  ファンタジー    予言  美少女  忍者  陰陽師  イケメン   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。