心臓が破裂しそう。





 先輩の部屋で、もう1時間は2人きり

 つなぐ話もなくなってきた。





「……アイツら遅ぇな」





 ハルト先輩が

 カチャッとジッポ回し

 煙草に火を点ける。



 細くて長いのに

 フシが太くて男らしい

 先輩の指。





 煙草になりたい。





 何て、ボ~ッとしてたから





「貴梨香ちゃん? 聴いてる?」





 先輩の手が

 あたしの髪をポンポンと叩いた。





「はい、すみません!!」





 うわぁ~





 先輩の手が、指が、あたしの髪にぃ~!!



この作品のキーワード
甘ロマ  ドキドキ  告白  先輩