…遅い!

仕事だけど、なんでこんなに遅いの?!

時計は深夜0時。

今夜は、藤田さんを連れて、

接待に向かった修二。


『約束』


を守るために、

合い鍵で修二の部屋のいる私。

・・・

付き合ってるわけでも、

結婚しているわけでもないんだから、

ここでいつまでも

待ってるわけにはいかない。

・・・

明日だって、早いのだから。

私はため息をつき、立ち上がった。

この作品のキーワード
社長  溺愛  秘密  過去  俺様  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。