それからの私は、

仕事人間にでもなったかのように、

がむしゃらに働いた。


春也さんは、

働きすぎだ!

と、怒っているけど・・・


でも、こうでもしていないと、

すぐに、

あの人の顔を思い出す。

・・・

修二さん。

あなたは、今、何をしていますか?

あなたが、笑顔でいてくれることが、

私の幸せです。


この作品のキーワード
社長  溺愛  秘密  過去  俺様  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。