いよいよ本格的に始動したプロジェクト。

大路の本社はアメリカの為、

青木コンチェルンに、大路の社員が

何名か配属されていた。


秘書室に入ってきたその5人のうち、

驚きの人が一人混ざっていた。


お互い紹介しあった後、

私はその人に駆け寄った。


「健ちゃん」


「よう。これからしばらく、よろしく」

笑顔で言った健ちゃん。

「健ちゃんて、大路の社員だったの?」


「大路グループの傘下ってとこかな。

年の割に、仕事ができるって、抜擢されたんだ」


「健ちゃん、凄いね」

普段は呑気なのに、仕事は出来る人なんだ。

この作品のキーワード
社長  溺愛  秘密  過去  俺様  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。