病院の検診の翌日、わたしは赤ちゃんの供養をするため、お母さんと一緒にあらかじめ予約していたお寺に行った。


12週未満の胎児の場合は、病院に頼んで、病院側から業者に引き取ってもらい、供養をしてもらうこともできるけれど、わたしは自分で供養に行きたかった。




お寺の地蔵堂で、供養は行われた。


お地蔵様の前に正座し、お坊さんのお経を聞きながら、手を合わせて赤ちゃんにお祈りしているうちに、わたしの目からは涙が溢れ、いくつもの悲しみの雫が頬を伝って流れ落ちた。



供養を終えると、お坊さんは涙を流しているわたしに向かってこう言った。


「安心して下さい。あなたの赤ちゃんは、ちゃんと天国に行けますよ。」


「赤ちゃんはわたしのこと、すごく怒ってますか・・・?」


わたしは涙を拭きながら、お坊さんにたずねた。


「いいえ。」


お坊さんは首を振った。


「赤ちゃんは怒っていません。あなたを恨んだりなんてしません。赤ちゃんはお母さんであるあなたのことが大好きなのです。」


「こんなわたしなのに・・・?こんなひどいことをしたのに・・・?」


「あなたが苦しんでいるのは、赤ちゃんを愛しているからです。赤ちゃんはそのことをちゃんと知っています。そしてあなたを許してくれています。


 赤ちゃんは天国からあなたをいつも見守ってくれますよ。そしてあなたの幸せを願っていますよ。」


「でも・・・、わたしのせいで赤ちゃんは死んでしまったんです。わたしだけが幸せになるなんて・・・、そんなことできません・・・。」


この作品のキーワード
妊娠        赤ちゃん  中絶