嫌がらせが始まってから、まもなく一ヶ月がたとうとしていた。



お昼休みにお手洗いから教室に戻ってきたとき、わたしは机の上を見て愕然とした。


机の上には、一枚の紙がガムテープで貼り付けられていた。


その紙には、赤ちゃんと思われる絵が描かれていて、その絵を塗りつぶすように、黒いマジックで、上からぐしゃぐしゃの線が書かれていた。



もうこれ以上耐えられなかった。


わたしに嫌がらせをするのはまだ我慢できる。


でも赤ちゃんにまで、こんなことをするなんて・・・。


何の罪もない、純粋な赤ちゃんなのに・・・。


絶対に許せない!


こんなこと、絶対に許せない!!



もしかして・・・、これも利栄子がしたことなの・・・?





教室を見回したが、利栄子の姿はない。


そういえば、かっちゃんの姿も見当たらない。



この作品のキーワード
妊娠        赤ちゃん  中絶