――――――
――――
――


雷牙が恵梨香の送り迎えを始めて二週間が過ぎた。


相変わらず毎日送り迎えしているみたいだけれど、雷牙だって暇じゃないのに疲れないのかしら。


仕事に影響を及ぼしている訳じゃないけれど、ホテルと会社の往復は大変だと思う。


「…いつまで送り迎えするの?」

「分からないが、ほとぼりが冷めるまでくらいか」

「貴方がそこまでする必要あるの?」

「ストーカーに尾行されていると知って知らぬ顔は出来ない。当たり前の事だろが」

「ストーカーなんて嘘だったら?」

「……お前、疑ってるのか?」


ええ、私は疑っているわ。だって、タイミングが良すぎるんですもの。


どうして今なの?よりによって貴方の運転でホテルへ行った時にストーカーの話を持ち出すなんて、おかしくないかしら。

この作品のキーワード
肉食系  過去  元恋人  社長  秘書  秘密  独占欲  嫉妬  イケメン  強引 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。