-次の日-

鳴り止まない目覚ましを止めた


日曜日だし、もう少しだけ…


「お前、俺の事忘れてねぇ?」


私の上にまたがる悪魔の姿が…


「れ、れ、零央…!!」


ダメだ…私、きょどりすぎだ…


昨日のことがまだ信じられない

"お前が好きだからだ"


本当に?あの冷血王子が?


この作品のキーワード
幼なじみ  王子  許婚  婚約  冷血  胸キュン  俺様  三角関係  切ない  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。