この頃の貴俊さんは本当に仕事が忙しい。

勇人さんがこの前うちに遊びに来た時に
新しい事業を立ち上げたと言っていた。


内容は聞かなかったけど、

どうやらその新事業のためにいろいろと忙しくしているのが分かった。


わがままを言えば、私のおなかがこんな時期に新事業なんてと思っちゃう。

それに・・・


私が妊婦だからだと思うけど、

貴俊さんが私を抱きしめたりしてくれる事が少なくなった。

今までは、本当に朝も夜もなく、毎日のようだったのに…

急にさみしさを感じるようになってしまった。

愛情をもらうことになれてしまっていたからなのでろうか・・・

毎日仕事から遅く帰り、早く出て行ってしまう貴俊さんに

さみしさが募っていた。

この作品のキーワード
溺愛  社長  俺様  お金持ち  イケメン    妊娠  出産  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。