===================

===================



「こんにちは……」


前回意識が飛んだときに何をしてたのかわからないままに。

あたしはおそるおそる黒川さんのマンションの扉をくぐった。


丁寧にあたしを迎える黒川さん。

一見いつもと変わらない光景。


(特にどうもなかったのかな……)


希望的観測のもとに、内心ドキドキしながら、いつも通り奥の机の上に荷物を置く。

デッサンの用意をしていると、黒川さんがあたしのすぐ後ろに立って、肩に軽く手を回した。


(……?)


ドキリとする仕草。


「こないだの絵、仕上げてみたんだけど見る?」

「え? あ、はい」

この作品のキーワード
純愛  初恋  年上  美青年  高校生  心理的問題  心の成長  じれじれ  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。