「え、ほんとに?」


あたしはちょっと考えた。


「多分、朝は大丈夫だと思うんだ。

学校の帰りがあやしいから、帰りだけ一緒にいてもらえると安心かな」

「……」


克己はちょっとすねたようにじっとりとあたしを見る。


「……柚希は何もわかってないんだな」

「え?」

「せっかく、朝も一緒に行ける口実ができたと思ったのに」

「……」


言葉もないあたしに、克巳は急ににこっと笑った。

どこか寂しい笑顔。


「ま、いいや。

部活終わったらオケに声かけて」