「あたし、甘ったるいもの好きじゃないんだ」


克己はがっかりするかと思いきや、妙に納得したようにうなずいた。


「あのさ。柚希ってさ」

「うん」

「……もしかして、拒食症とかだったりする?」

「え? 何を突然」


あたしは首を横に振った。


「拒食症ってあれでしょ、食べても吐いちゃったりする病気のことでしょ。

あたしは少食気味だと思うけど、別に吐いたりはしないから。病気じゃないよ」

「……そっか」


軽くうなずく。


「お弁当箱もいつも小さいしさ。

甘いものも一切食べないし。

ちょっと痩せすぎじゃないかと思って、心配になっちゃって」


(痩せすぎ――?)

この作品のキーワード
純愛  初恋  年上  美青年  高校生  心理的問題  心の成長  じれじれ  切ない