「ぎゃああああぁぁぁぁっ」

見知らぬ部屋でふと我に返ったあたしは、自分の姿を見おろして、思わず悲鳴をあげた。

一糸まとわぬ姿。

ちょっと……あたし、なんで……なんで、ハダカ?

そして、目の前には知らないオジサン。

何? これ? ここどこ?

――あたしは脱兎のごとく、部屋を飛び出した――


---------------------------------


柚希(ゆずき)は美大志望の高校2年生。

あたしには一つ、誰にも言えない悩みがあった。

ときどき意識が飛んでその間の記憶がなく、

その間にどうやらとんでもないことをしているらしいこと。


そんな中、ひょんなことで紹介された美貌の絵画講師との出会いから、

あたしの運命の輪が回り始めた――


ゆっくりと、確実に。



一枚の絵から始まる純愛。


-----------------------------------

例によって、というかいつも以上にスロースタートですが、

徐々に盛り上がりますので、気長にお付き合いください。

(表紙とは裏腹に、しっとりめです)

-----------------------------------


別途、番外編(鍵付き)をUPしています。

1/16 外の小説サイト(鍵フリー)にもUPしました。(プロフ参照)

この作品のキーワード
純愛  初恋  年上  美青年  高校生  心理的問題  心の成長  じれじれ  切ない 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。