突っ立ってるだけのマネキン人形のような私に大胆なキスをして来る風宮さん。



私は初めてのキスで完全にフリーズ。


激しくなる雨のように風宮さんの官能的なキスが降り注ぐ。


「下手くそだな・・・キスは初めてなの?」


「・・・」


息もまともに継がせて貰えず、息を吸い込むだけで必死になり、彼の問いかけに声すら出ない。



「…俺のマンションに来いよ…」


彼のコトは何も知らない。


彼だって私のコトは知らない。


一夜限りの相手としてはもってこいの人材だ。




私は彼の誘いに迷わず、頷いた。

この作品のキーワード
偽装結婚  干物女  年下  双子  イケメン  秘密  オフィスラブ  ヤクザ  社長と秘書  三角関係