* * *

これが兄貴の言っていた十和子の淹れたエスプレッソ。


確かに美味いが…上質なコーヒー豆の味だろうが・・・


十和子が成せた技じゃない。



兄貴は美味そうにテイストしながら飲んでいた。


完全に、十和子に骨を抜かれてるな…




そんな俺もーーー・・・


プライベートの十和子はどこか抜けてて、アラサー女のクセに可愛くて、妙に俺の庇護欲をそそる。


なのに、秘書としての十和子はとってもテキパキと動いた。


タイトスカートから覗く、肌に馴染んだ色のストッキングを纏う細い足。

後ろ姿を見れば、そっと撫でたくなるヒップ。


ダメだ…仕事中なのに、変なモードが入ってる…


軌道修正しなきゃ…


この作品のキーワード
偽装結婚  干物女  年下  双子  イケメン  秘密  オフィスラブ  ヤクザ  社長と秘書  三角関係