__翌朝*



昨日は葉月がスゴい興奮&ニヤニヤ



しながらあたしに迫ってくるから何事かと思ったら……



内容はとっても面白そうだった!



でも……颯くんには迷惑がかかるから


抵抗があったんだけど…



『莉緒さんが悩んでることなら、むしろ喜んで引き受けますよ?』


と快く引き受けてくれた。



なんて優しいんだ…あの双子は! 改めて感動したよ!




そして…もうすぐで颯くんがあたしの家に


迎えにくる時間帯。



「琉生には悪いけど……ごめんね。でも…どんな反応するか、あたし気になるんだ…。」



ボソッと呟いた時、玄関のインターホンが鳴った。



あたしはいそいそと靴を履き、ドアを開けると颯くんがいた。






 

この作品のキーワード
余裕  嫉妬  イケメン  メガネ  何気S  短編