「ぇ、…?」

潤んで霞む目を凝らす。

ベッドに腰掛け、横たわる私の顔を覗き込む男。


「…城崎、くん?」

呼びかけた声は掠れた囁きになった。


「ずいぶん熱があるみたいですね」

私の額に触れ、少し顔を顰める。


「…どう、して…」

「無用心ですよ。スペアキーをポストに入れて置くなんて」

まぁそのおかげで勝手に入ってこれたんだけど---そう続けて城崎君は私のこめかみに貼りついた髪を梳いた。


「美山さんが仕事を休むなんてよっぽどのことだと思って…見に来てよかった」


…これは、夢なのかな?


私は精悍な顔をした三つ下の後輩の顔をボーっと見上げる。

「スポーツドリンク買ってきたんですけど、体起こせますか?」

そう聞かれたけど、体が砂に埋まったように重くて、首を小さく横に振るのがやっと。


「じゃあ俺が支えますから」

次の瞬間、首の下に城崎君の手が入ってきて、その腕に掬われるように抱き起こされた。

この作品のキーワード
キュンエロ  甘ロマ  オトナ女子  肉食  地味OL  ピュア  年下  イジワル  片想い  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。