蒼の聖騎士団、副団長のエルシルド様。
 血統が違いすぎてその想いを口にすることすら出来なかった私の恋。
 その恋も、もう、終わろうとしている。
 エルシルド様に発情期が来たらしい・・・。
 私に残された道は2つ。
 1つ、エルシルド様を想いながら誰ともつがいにならない。
 2つ、発情期が来たら、相性の良さそうな人とつがいになる。
 私はどちらを選べばいいのだろうか・・・。
※獣人の恋愛話となっております。尻尾や耳が付いていますのでご注意ください。

この作品のキーワード
純愛  騎士  獣人  初恋  一目惚れ  完結  身分差  片思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。