完全なる二日酔い。


無事に家に帰れたことが奇跡。


「おはようございます。」


ゲッソリとした顔をしながら、専務に届いていた書類を持ってきた。


「無事に出社できたんだな。」


まるで、幽霊でも見ているかのように、眉をゆがめながらポッカリと口を開けている。


どうして、そこまで驚いたような顔をするかが分からない。


「昨日は、ありがとうございました。」


記憶はないですけど。


「すみませんでした。の間違いじゃないのか?」


その専務の言葉に記憶を掘り起こそうとしても、二日酔いと完全に抜けている記憶。


思い出したくても、思い出せない。

この作品のキーワード
  禁断  果実  スパイ  犯罪  ベッド  契約  常務  部長  俺様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。