「ちょっとお、カナタは?」


「……」


「早くつないでよ?」


「……」


そしてアタシは今日も秘書課にかかってきた電話の相手。


受話器を持つ手を震わせながら耐える。


顔をあげ、
周りを見ると相変わらずの3人が見える。


…魔窟。



こういう電話がかかってきても
もう驚くこともなくなった。



ただ、嵯峨野常務に言われたとおり
取り次ぐこともせず、

冷静にどうにか自分で話を切り上げようとしている。


この作品のキーワード
ラブコメ  常務  すれ違い  年の差  オトナ女子  秘書  オフィスラブ