私はバイトが終わり家までの道を歩いていた。



コツコツコツ



後ろから聞こえてくる足音に気づいた。



今は夜の10時すぎ。



ここは人通りが少ないし辺りも暗い。



私は恐くなり歩くスピードを速めた。



すると足音も速くなった。



勘違いかもしれないけど、私は走り出した。





「きゃっ!!」





この作品のキーワード
不良  ボス  最強  甘々  溺愛  高校生  先輩  胸キュン  切ない  純愛