次の日もバイトがあり、私は先輩にどう接していいか悩んでいた。



自分からしかけたことだけど、すごく気まずい。



そんなことをバイト中にずっと考えていたのと、フラれて落ち込んでいるのとで私はミスばかりしてしまった。



食器を割るのはいつものことだけど、料理を運ぶテーブルを間違えたり散々だった。



それでも優しい店長は怒らずに「元気ないね」なんて言ってくれた。





この作品のキーワード
不良  ボス  最強  甘々  溺愛  高校生  先輩  胸キュン  切ない  純愛