「――…ねぇ、笑って?」





そう言った君は泣いた。







この作品のキーワード
切ない