「いらっしゃぁい」




あたし達が会場に入ると、愛夢が奥のソファから手を振っていた




「あっ拓真のやつちゃっかり愛夢の隣り座ってやがるww」




「それにしても、龍斗遅いね」




「そろそろ来ると思うけどね」




あたしと澪は拓真をからかってる夏樹を置いて、外に出た





この作品のキーワード
お嬢様  許婚  お金持ち  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。