「明華お嬢様、朝ですよ」





「ん~おはよぉ」





「おはようございます、朝食のご用意ができていますので、準備ができたら1階へ降りてきてくださいね」





「はいは~い」





今日はあのパーティーから1週間




そぉ、龍斗との同棲が始まる日




はぁぁぁ




よし、ご飯食べに行くか




あたしは着替えをして、軽く髪をとかして部屋を出た






この作品のキーワード
お嬢様  許婚  お金持ち  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。