君は悲しいくらい
優しくて…