「ねぇ、剛太にとってあたしってどんな存在?」







「ん?いきなりだな。俺にとって、くるは大切な存在だよ」



「そっかぁ…」