高く登ってゆく観覧車


黄昏の中で


僕に寄りかかるあなた


髪を撫でると


太陽の匂いがした―