親友のあいつは最低な奴。


だけど、それでもいい所があるからいつも一緒にいる。


恋ってどんなのだろ?って考えていた時に、あいつからの、突然のキス。


私とあいつの関係が徐々に変わり始める。


「キスする時は目を閉じるもんだぜ?」


そんなセリフを吐き捨ててあいつは深くて甘いキスを私にしてきた。