「・・・はぁ」


今日は、ため息ばっかだな。




俺は、ドアにもたれながら、瞬が一人で誰にも気づかれずに泣けるように、ここで見張ってることにした。




もちろん、ドアの外には物音ひとつ漏れてはこないけど、何もしてやれない俺が、立ち上がれないほどの自己嫌悪に陥らないためにも、そうすることにした。





そして、さっき小さく丸まっていた瞬を見て、そっと抱きしめてやりたくなった衝動に気付かないふりをした。