君の僕を呼ぶ声が

すごく、すごく、好きだった。





目次

この作品のキーワード
純愛  高校生  ピュア    幼なじみ