円を描くように振り上げた腕から、水滴が顔に降り注ぐ。



早朝。

人影もまばらなプール。



私は勢いよく水から上がると、大きく息を吐いた。

プールサイドに置いていたタオルで顔を拭うと、傍らにあったペットボトルの水を喉を鳴らしながら飲む。



---最近の私は変だ。



もう季節は秋だというのに、どうしようもなく水が恋しい。

というより、水に飢えている…---





この作品のキーワード
イジワル  誘惑  年下  OL  オトナ女子  秘密  肉食  甘ロマ  イケメン  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。