5月。

初夏の爽やかな日差しが窓越しに室内に差し込んでくる。

絢乃はふと顔を上げ、キーボードを叩いていた手を止めた。

椅子から立ち上がって窓に寄り、ブラインドをシャッと下ろす。


「・・・はぁ、これから暑くなりそうだなー・・・」


絢乃は呟き、再び椅子に腰を下ろした。

デスクの真中にはノートパソコンが置かれ、その周りにはパソコン関係の本や書類、付箋、蛍光ペンなどが散乱している。

女性らしいとはお世辞にも言えない有様だが、絢乃の場合は少し雑然とした状態の方が仕事がしやすい。

絢乃は大きく伸びをした後、ノートパソコンに向き直った。


秋月絢乃。25歳。

背の中ほどまであるまっすぐな黒髪を首の後ろでひとつにまとめ、白いシャツにグレーのパンツスーツを身に着けた、いわゆる『どこにでもいそうなOL』だ。

絢乃はグランツ・ジャパン(株)の情報システム部に所属する社内システムエンジニア(社内SE)で、主に社内のシステムの運用に携わっている。

グランツ・ジャパンはドイツにある家具メーカー『グランツ』の日本法人で、グランツから家具を仕入・販売している。

日本法人ができて15年。国内店舗は40ほどあり、どの店舗もそれなりに順調だ。

絢乃はその大きな黒い瞳で、じっとパソコンの画面を見つめていた。


この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  嫉妬  独占欲  三角関係  イジワル  俺様  禁断  毒舌  逆ハーレム