その日の夕方。

絢乃は疲れ切った顔で電車に揺られていた。

・・・あれから、絢乃は展示ブースでひたすら質問攻めに遭った。

休むこともできず立ちっ放しで、足が痛い。

絢乃は吊革の手摺にぶら下がるように電車に揺られた後、宮崎平の駅で降りた。

ふらふらと改札を出、マンションへと歩いていく。

マンションの玄関を入り、エレベーターで5階に上がって鍵を開ける。


「・・・ただいまー・・・」


と声を上げてみたが、返事がない。

絢乃は首を傾げ、靴を脱いで玄関へと上がった。

見ると、玄関に置いてあった慧の革靴がない。

・・・ということは、慧は出かけているのだろう。

慧は基本的に在宅だが、たまにクライアントのところに出かけることもある。

となると、今日は私が夕飯を作らなければ・・・

と思った、その時。



この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  嫉妬  独占欲  三角関係  イジワル  俺様  禁断  毒舌  逆ハーレム