2. 思いこみおそるべし

流石に、指輪をつけて会社はないか?

巾着に入れて化粧ポーチにしまう。

それでもなんとなく左手の薬指にそれがあるような。

にへら~

駄目、顔が緩む。


「やばいやばい…」


首をぶんぶん振って雑念を追い払う。

だって、こんなのあたしのキャラじゃない。

そう思いつつ、

少し大きめなバッグにお泊まりグッズを詰める。

すぐに一緒に住むなんて無理だけど、

休日は一緒に過ごすことにしてもいいかな。

和司は返すつもりはないからって言ったけど、

そんなわけにも行かない。

まだ。OKしたわけじゃないんだから…




この作品のキーワード
失恋  ツンデレ  恋人  結婚  裏切り  危険愛  婚約  独占欲  大人恋愛  嫉妬