5.  リアルと妄想

まったりできると思っていた週末は、

怒涛のように過ぎて行って、

あっという間に月曜が訪れた。




私の部屋に二人で荷物を取りに戻ったつもりが、

そのまま、ベッドに雪崩込むハメになった私たち。


和司の独占欲は、ちょっとやそっとじゃ満足しなくて、

止まることなく愛されて、

サザナミのように押し寄せる快楽と高みに


翻弄されて力尽きたように眠り込んだ。



そして迎えた朝は、

疲れきって


立ち上がるのも億劫だった。








この作品のキーワード
失恋  ツンデレ  恋人  結婚  裏切り  危険愛  婚約  独占欲  大人恋愛  嫉妬